FC2ブログ

2018-10

大変!

 一回目のワクチン接種が終わった頃、
その頃には階段も平気で降りて居間で遊ぶなんてこともしていた。

 仕事からの帰宅後、あたしが夕飯の支度をしていると
まさに、マジで断末魔的な感じで、
「ギャーーーーー」という猫の鳴き声。
 その時はとうとう琥珀がももくろに手をあげたか!と思ったのだけど、
声がした玄関に向かうと琥珀がそそくさとやってきた。
喧嘩した風でもない。
じゃ?

なんと玄関にある猫脱走防止のルーバーにくろが足を挟んでしまっていた。
大変!
完全に足おかしい。
ま、元気は元気なんだけど。
足をつけない。
えええ、どうしようとおろおろ。
夜間の動物病院も考えたんだけど、結局様子見。
足はつけないほど痛いのに、その他は平気。
ベッドにも飛び乗った。
折れてたらどうしよう。

 で、翌日いつもの動物病院へ。
レントゲン撮ってもらったら
いわゆるかかとの部分の骨が脱臼してた。
先生曰く「一番やっかいな部分」ということ。
ま、命に別状はないんで、室内猫なら生活するにはなんら問題なし。
成長過程なんで、手術するのも・・・。
様子見!ということで。
暫く足は引きずっていたが
「くろちゃんよ、少しおとなしくしていておくれ」レベルの元気さだった。


結果的には。
自然治癒で元の位置に骨は戻ってた。
先生が「これは治療費というよりお布施って感じですな」と大笑い。


手当て。夫は毎日手当してくれてたそう。
ありがとう。

今はまったく問題なく、走り回ってる。
スポンサーサイト

ちゅぱちゅぱ

 来た頃はももより動きが激しかったくろだけど・・・。
断乳後は妙におとなしくなり、この頃にはももくろの性格の違いがはっきりしてきた、
なぜか・・夫の手をちゃぱちゅぱ吸うようになった。
ママ恋しなのか、まだ離乳はいやだったのか、お父さん大好き!なのか、とにかく夫の手を吸う。
フミフミまでしてるから。
「手が痛い」と夫が根をあげるまで・・・・。

「いずれはしなくなるんじゃね?」なんて言ってたけど、いまでもする。

こ、困った

 ももくろは順調に育ち、カリカリも食べる、トイレもちゃんとできる。
そして超活動的。

んが、困ったことが・・・・。

なんと、あたしたちのかけ布団におちっこするやつがいる。
最初はどっちかわからなかったのだけど、少ししてももと判明。
しかもかけ布団のみ。
とほほほほほ。

古かったのもあったので、布団は上下とかも新品に交換。
なのに・・・布団にしちゃうの。
トイレででもちゃんとするのに。
結果的に「洗える布団」てのを購入してたので、その度に洗濯。
最初はコインランドリーへ行ってたんだけど、コスパ悪すぎ。
しゃ~ないので風呂場で足で押し洗いして、洗濯機に無理やり押し込む。
もうね、洗濯機が壊れるんじゃあないかと思ったわ。

結局、あたしたちはかけ布団なしで過ごすことに。
暑がりな夫は平気だったけど、あたしは落ち着かないので
肌が掛け購入。が、そこにもされたのでもう一枚購入。
この夏かけ布団2枚肌掛け2枚購入したわよ(笑)

冬になってさすがに布団いるよな。治まってるかな。

ハンスト

 カリカリは基本あたしたちの部屋にあった。
二階に上がらなくなった琥珀は当然ご飯が食べられない。
そこでお義母さんがハンスト宣言。
居間にご飯をおかないならわたしも食べない!
はいはい。カリカリを居間にも置きましたとも。

早い

 皐月、琥珀、そしてももくろ。
仔猫は琥珀で経験済みだし・・・・あたしたちも猫への接し方が慣れてきた・・・・かな。

 トイレも最初はベッドの上に小さいのを用意したんだけど、
なんせ二匹なんですぐいっぱいに(笑)

もう、大きいのでいいじゃん、ってことで。
ベッドから自力で降りられるころには小さいトイレは撤去。
なんかねぇ。
早いのよ、何もかも。これは二匹だからかなぁ。
体はちっこいのに、ベッドから飛び降りるのも早かった。
廊下に出るのも。
カリカリも用意したんだけど・・・・ミルクも飲んでたな。

カリカリも食べられるってことは、歯が生えてるってことで。
哺乳瓶の吸い口カット・・・・とほほ。
予備があったからそれに付け替えたらその日のうちにカット。
もう断乳だ~ってことでミルクお終い。
猫の成長ってなんて早いんだ。

姉妹

 ももくろは4匹で生まれた。
悲しいかな、4匹は引き取れなかった。
でも後の2匹も無事里親に出されたと聞いて安心。
今頃皆元気に育ってると思う。
だって、うちが超元気だからぁ。

 ももくろは姉妹なわけだけど、こうも違うのかって思うくらい違った。
呼ぶ時は”柄”を見て呼ぶけど・・・。ミルクの飲み方が全然違った。
ももの方がちょっとだけ体が大きいのだけど、だからか、ミルクも上手にぐんぐん飲んだ。
体重は毎日測定したけど、結局今もももの方が大きい。
くろは飲み方こそ下手だったけど、哺乳瓶で飲めたので助かった。
でもなぜか口の端っこに飲み口をはさんでしまうので、噛んで飲んでる感じ。
それでも飲む気満々で、夫ひとりの時は大変だったらしい。

 動きもくろの方が過激だった、この時は。
琥珀の時と同様あたしたちの枕元に箱を置いて、そこを寝床にした。
ちっともじっとしていないので、くろはももを乗り越えて、箱から出てくる感じ。
体の大きさからももがお姉ちゃんだと思っているので、
きっと妹に気を使ってるんだろうなって思ったけど・・・猫なんで
そういうことは・・・ないな。きっと。

シャー

 さてさて、先住猫となった琥珀くんだけど・・・・。
自分が我が家に来た時のことはすっかりお忘れのようで、
ももくろに「シャー」の連発。
彼、大きいからあたしから見ても怖いんだよ。
何度「怖くないよ~。」「こたくんのお家だよ~」と言っても
「シャー」
結局琥珀はあたしたちの部屋へは来なくなってしまった。
皐月がいなくなってから夫は琥珀にずいぶん助けられたから結構ショックだったかも。
でも「いずれ仲良くなる」はず、と信じていかなきゃね。


琥珀が我が家に来た時、皐月は廊下でずっと「うううううううう」と言っていた。

授乳

 琥珀の時で乳飲み子は経験すみ。だが、今度は一度に2匹。いきなりあたしは「育猫しない宣言」。
夫に丸投げ~。ま、夫も満更ではないようなので、マジお願いすることに。
はじめまして

 引き取りに行くのは夕方だったので、日中にミルクや哺乳瓶、シリンジなどを準備。
琥珀はまったく哺乳瓶が使えなかったのでちょっとドキドキ。

 丸投げと言ってもあたしの在宅中は可能な限り手伝った。
幸い、哺乳瓶を吸ってくれたので楽だった。
でも二匹分だからちょっと大変だったかなぁ。
夫は上手に飲ませてた。
来たときは160グラムぐらいだったと思う。くろの方が少し小さかった。

 ちなみに「ももくろ」は来た時に暫定的に付けた名前だったんだけど
そのまま命名。ま見ての通り。

よろしく

 3月下旬、知人からline。
「私のタイムライン見て」

そこには彼女の自宅庭に野良ネコちゃんが4匹の仔猫を産んだと。
「里親募集中」


 夫に話したらノリノリだった。
でもあたしはちょっと躊躇してた。なぜだろう。


 結局引き取った。
目が開いたばかりの本当に仔猫だった。
それも二匹。
一度に仔猫を二匹。夫も初めての経験だった。
琥珀の時と同様、親猫から離す時は胸が痛んだ。
でもいつまでも感傷に浸っていられない。
今日から仔猫二匹の親だ。
ま、ほとんど夫がだが。

名前は・・。
鼻先ピンクのと黒いのだったから
ももとくろにした。

あたしたち夫婦は断然乃木坂のが好き。

ありがとう

 もう一年がたとうとしてるんだな。
あって間だった。
それでもここを覗いてくれている方がいらっしゃるようで・・・・。
ちょっと書こうかな。


 関係ないけど、モニターを新しくした。初めてのワイドだよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

皐月 (87)
琥珀 (91)
皐月と琥珀 (52)
ももくろ (4)
もも (1)
くろ (2)
今日の (223)
最近の (19)
さて (18)
ひとこま (102)
余談 (48)
まず (1)
未分類 (0)
兼業主婦 (2)

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ritsuko

Author:ritsuko
ペットブログランキング

お楽しみ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード