2017-11

元気!

 わかっているのかいないのか。

彼の存在はあたしたち夫婦には救いだった。
彼がいるからまだまだ頑張ろうって思えるから。


 皐月のための腎不全の療法食を結局完食したのは琥珀。
なんでも元気に食べてくれる。ありがたい。
ありがと。
スポンサーサイト

皐月最後の記録

 10月21日朝、苦しいのを和らげてもらおうと、動物病院へ。
先生からの「お家で~」の言葉に納得して家へ帰ってきた。
その後あたしは仕事へ出た。
ので、ここからは夫から聞いた話。

 皐月はまともに歩けないのに、あたしたちのベッドに横にしても少しするとフラフラと移動。
夫は好きにさせようと、そのまま見守る。
頑張って階段をおりたのだろうな、居間へ行って、いつも寝ていた箱の中とか
窓際とか洗面所とかに。
30分くらいそのままにして、夫が「もういい?」とまたベッドへ。
トイレへも行った。
でも自分ではトイレから出てこられなくて、夫が見ると砂の上に寝そべっている。
もう何年も外へは出ていないので、そういう感触もいいかなと、
やはり30分くらいそのままに。そして「もういい?」と。
その後もベッドをおり廊下へ出たり。
「もういい?」の繰り返し。
歩いてはドサっと倒れる。暫く様子を見て夫が連れ戻す。
行ったことがない机の裏側に入ってしまったりして夫は焦る。

最後はベッドも落ちるようにしかおりられなかった。


 ずっと皐月らしく家の中をウロウロ。
苦しくないかと心配していた夫だったが、そんな様子はなかったと。




 もう一週間も過ぎてしまったけど・・・。
いつもどこかにいる気がする。
階段をお尻フリフリしながらトントントンと降りていく。

皐月闘病記録7

 翌朝、夫が病院へ行って点滴をしてもらう!と言う。
苦しいのは嫌だ、点滴をして苦しいのを和らげてもうらう!と。

 診察台の皐月は横になって、声をあげなかった。
夫が先生に点滴をしてほしいというが、
「ステロイドが効いているから苦しくはない」
「お家で好きな事させた方がいいと思う」

夫に皐月を託し、出勤。
台風の影響でいつもより1時間半も早く退社させられた(笑)


 皐月はあたしを待っていてくれたのかな?
あたしが帰宅後10分くらいして
皐月は虹の橋を渡って行きました。
台風が来てるから・・・巻き込まれないといいな。
最後はたったの1.9キロしかなかったからな。

腎不全と言われてからたったのひとつき。

皐月8歳。
ありがとね、皐月。








ただ長いだけの記事になってしまいました。
ごめんなさい。

皐月闘病記録6

 皐月は何も食べなくなった。
水は少し飲む。
体はガリガリ。
それでも家の中をウロウロ。
あたしはその姿を見て何度も泣いた。
あたしたちの部屋はもちろん、居間に作った皐月の寝床や玄関の下駄箱の上、
風呂場の脱衣かご、電子レンジの上、いろ~~なところにいた。
猫の習性なのだろうか、一か所では寝ない。
廊下や洗面所の床に寝ていることもあった。
気になって、連れてきたけど、しばらくするとまた何処かへ行っちゃう。
そんなことの繰り返しだった。

勝手口のたたきにたまに降りてコンクリートのところを舐めたりしてた。
ネットで調べたらミネラルの補給らしかった。

 家の中をウロウロはするのだけど、足腰が弱っているのか
ヨロヨロしてる。
夫とまた病院へ行った。
「きっと点滴すればまた元気なる」って思って。

でも先生はあまり勧めなかった。

二度目の効果は期待できない。
ステロイドで炎症を抑えますか?

 結局。ステロイドを打ってもらって帰宅。
先生を威嚇する元気はもうなかった。

この日あたしは毛布をもって居間へ。
皐月と一緒に寝た。

皐月闘病記録5

 ウエットフードは食べる気がした。
チキン味よりツナ味が好きみたいだった。
「ちょっと高いけどか~ちゃん頑張るよ!」と決めた。

 が、
その3日後・・・。
皐月が”ふんばる”のだけど”出ない”らしく
トイレを出たり入ったり。
便秘?
おまけにどこででも”その”そぶりをする。
が、まったく出ず。
あたし大パニック。
夫は「ふつかくらい出なくても大丈夫なんじゃあない?」って言う。
でもあたしは心配で心配で。
夜8時を過ぎていたのに病院へ電話してしまった。
転送電話になっているらしく、先生が外出先で電話に出てくれた。
「人間用の浣腸をして」と。
ちょっとビビったけど、先生がいい、っていうんだからいいんだろうな、と
やってみた。
ま、皐月は怒るわな。
お腹が気持ち悪いのに浣腸されて
久々にキャットタワーの一番高いところへ逃げた(笑)
浣腸はうまくいかず、
翌朝病院へ。
便秘ではなく腸の動きが悪いため出ないだけだった。
そいや、小さいころ腸の動きが悪いって言われたなぁ。
って、ことで腸の動きがよくなる注射した。

皐月闘病記録4

 退院してきた皐月はものすごく元気だった。
忘れちゃったのか、家の中をウロウロ。
カリカリも量こそ少なかったけど、食べた。
おやつ類はすべて捨てた。かなりの量があって驚いた。
ちょっと惜しい気もしたけど「これはすべて毒!」と、思い切った。
元気になって本当によかった、と思った。
でも腎不全ということは間違いない。これだけは肝に銘じた。

 その3日後くらいから、またカリカリを食べなくなった。
皐月は元気なく、どんどん痩せていくし、かなり焦った。
仕事の昼休みに病院へ電話した。
「カリカリの別のものはないですか?また食べなくて」
結局、仕事帰りにまた病院へ行ってカリカリの試供品を頂いた。
「ウエットのはないですかね?」
試供品はなかったので2缶買ってきた。

結局ウエットがビンゴ!
夫とものすご~~~~く喜んだ。
食べた!食べた!!!
きっとこれでまた元気になる。

皐月闘病記録3

 3日間点滴をしましょう。
それで食欲が戻ったら希望があります。
でもこの3日のうちに亡くなることもありうります。
 先生の言葉。
でもそれにかけるしかなかった。

お見舞いは診察時間内ならいつもでOKとのこと。
あたしは翌日も仕事で病院がしまるギリギリの時間に見舞いに行った。
鎮静剤から覚醒した皐月がいた。
でもゲージの奥の方でまるまってた。
先生がいたので威嚇してた。
カリカリは食べてない。でも昨日までの彼女とは違う気がした。
帰宅して夫に聞いたら夫も日中にお見舞いに行っていて、
なんと触ってきたんだと・・・・。

 次のお見舞い時には完全に元気な皐月に戻ってた。
カリカリも食べてた。
先生に威嚇しながらもっとくれって言ってた。
結局その翌日に退院。
フードは完全腎ケアの療法食なった。

まだ若いので食べて体重も増えればまだまだ長生きできます。
そういう猫はたくさんいます。
先生の言葉。
3日前の険しい顔つきとはうって変わって、ニコニコ顔だった。

マイペース

 ちょっと琥珀の話。

 彼はちょ~~~マイペース。
皐月が入院した時は
「あれ?いない?」って感じで家の中をウロウロしてた。

義母が目撃したんだけど、
新しいシステムトイレの前で猫会議をしたらしい。
実はその後皐月はそのトイレを使うようになった。
琥珀が説得したらしい(笑)

皐月闘病記録2

 勝手口の手前にシステムトイレを置いた。
暫くは警戒してたけど、そのうち使うようになった。

 ワクチン接種から暫くして・・・。
皐月は何も食べなくなった。
水は飲むけど何も食べない。
仕方がないから大好きなおやつをあげた。
でもそれもしばらくしたら食べなくなった。
もともと痩せているのに気づいたら2.5キロだった。

 ワクチン接種から一週間後。
また病院へ行った。
そこで驚愕の事実。
ずっと食べてきたカリカリフードは「獣医が食べさせてはいけない」と
言われているフードだった。
本当に驚いた。
すぐ先生推奨のフードに変えた。
どうも腎臓が弱いみたいだから腎臓ケアのにした。
琥珀も食べてOKとのことだった。
「この子に今必要なのは食べること。
とにかく痩せすぎ」

 しばらくは食べたけど、すぐそれも食べなくなった。
結局また病院へ。
「血液検査しますか?」
夕方5時には結果が出ると。
2時間はあったのでその間に買い物へ。
帰宅したら留守電に病院から伝言が入ってた。
夫も一緒に行くというのでふたりで病院へ。

「ひどい貧血。
血の再生能力も悪い。
〇〇〇の数値がかなり低い。
腎不全です。末期かも。」
(〇〇〇の部分は検査用語。難しくてよくわからなかった)

「人間なら透析があるけど、猫にはない。
とりあえずは点滴して毒を排除しましょう。」

このころはまだ先生を威嚇する元気があって
このままでは血液検査どころではないということで
鎮静剤を使った。
奥の部屋へ通されたら
トロンとした皐月がいた。

「このまま入院して、3日間点滴しましょう。
それで食欲が戻れば退院ということで」

皐月闘病記録1

 誰かの参考になったらいいな。


 9月の中旬。毎年恒例のワクチン接種にいつもの動物病院へ。
と、その前に。
ある日突然。本当に突然。
皐月が勝手口のたたきにおしっこをするようになった。
驚いた。
いつだったか、彼女は膀胱炎になってその時、部屋のあちこちにおしっこをした。
ほんの一滴だったりした。
ピンク色のもあった。
翌日病院へ行って注射してもらった。
またそうかなって思った。
でも
あちこちじゃあない。
血尿でもない。
量も多い。
軽い気持ちだった。
下にもトイレはある。
でも琥珀専用みたいになってるし。
上へ行くのが面倒なのかなあ。
本当に軽い気持ちだった。
ワクチン接種の際、軽い気持ちで先生に話した。
そしたら先生が「膀胱炎かも」って。
ワクチンと一緒に膀胱炎の注射もしてもらった。
やっと「やばい」と思った。

勝手口でのおしっこはしなくなった。
安心した。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

皐月 (87)
琥珀 (90)
皐月と琥珀 (52)
今日の (223)
最近の (19)
さて (18)
ひとこま (102)
余談 (46)
まず (1)
未分類 (0)
兼業主婦 (2)

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ritsuko

Author:ritsuko
ペットブログランキング

お楽しみ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード