FC2ブログ

2019-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困った案件

 ももにはお布団でちっこしてしまうという非常に困った癖がある。
避妊手術するれば治まるかも、という淡い期待は見事に砕かれ・・・。
猫師匠にご伝授頂いた、毛布やタオルケットで誤魔化す?という手も
少しは効果あったが、結局はしちゃったんだよね。
「ま。あまりカリカリせず言って聞かせよう」ということで、
カリカリはせんとピリピリしてる(笑)

今年は暖冬だけど、さすが肌掛けだけは寒いんだよ~、人間は。
スポンサーサイト

きゅるるんと鳴く

猫にもブームってのがあるらしく・・・・。
ももが最初にはまったのがじゃらしだった。ま、普通だな。
その後はまったのがねずみのおもちゃを投げて持ってくるやつ。
これはかなりはまって継続中。
皐月が仔猫の時買ったけど、あんまり使わないでほこりを被ってた茶色のねずみ。
ある日投げたら追いかけて持ってくるようになった。
そのうち「投げろ」とかわいい声で要求するようになった。
まじそのねずみさんは腸のわたが出てしまうほどになった。
でもねぇ~。たまに持って来ず、どっかへ持っていくんだよね。
で、そのまま行方不明。
でもももは「投げろ」と可愛い声で鳴く。(それがきゅるるんって声でマジ可愛い)
・・・どうしろと。


でも何日かすると持ってくる。
一体どこへ隠してるんだか。

威嚇

 こたとももくろとの関係は相変わらず。
階下の居間ではそこそこ仲が良いのに、二階のあたしたちの部屋ではこたくんは威嚇しまくり。
それでも手は出さないから、偉い!
シャ~言うだけ。
猫入り口から出る時廊下にももくろがいると出られない。要はびびり?
大きな体してるのにな~。本気で手を出したらももくろなんか簡単に吹っ飛ぶと思うんだけどなぁ。

びろ~ん

 実は・・・ももの手術した後が・・・ちょっと・・・あれで・・・・。

縫合がうまくいかなかったのか、お腹から一本意図がびろ~~~んと出ていた。
先生に聞いたら傷口が開いてないならOKとのことだったので放置(笑)
ま。いつのまにかなくなってたけどね<糸。

くろはくろだった

 そして三日後、今度はくろが手術。
翌日夫がお迎え。
ももの時よりさらに早く迎えに行ったらしい。

 術後のくろは・・・・ももとは違い、くろはくろだった。
手術したことなんか知らんわいって感じでいつもの通り、だった。
安心。

別猫

 生後半年も過ぎたので避妊手術することに。
これでもしかしたら「布団にちっこ」も治まるかも~って。

 二匹一度でも良いのだけど、あたしたちが寂しいので(笑)一匹ずつ。
まずはもも。
よ~く話して聞かせてバッグイン。
車の中では今まで聞いたことないような鳴き声をず~~~っとあげてた。


病院では先生の顔を見るなり威嚇(笑)
体重3キロ超え。
「頑張るんだよ」と。

翌日夫がお迎え。
夫自身が我慢できなかったらしく、10時前には病院へ行ったらしい。

帰宅したらちょっと痛々しいももが夫のお腹の所で寝ていた。
ま、お腹切ってるわけだし当然なんだろうが、皐月はほとんと変化なしだったので
彼女がどれだけ強がり屋だったのか、今更わかる。
ももはひたすら寝ていた。もうね、別猫ってくらい。
このまま大人しい子になったらどうしようかと思った。

早く元気になれ~。


一年

 そういえば「台風が来てるから今日は早くあがって」って上司に言われたっけ。
時給労働者のあたしは「給料減るじゃん」ってぶ~たれながら帰ったっけ。
でも・・・おかげで皐月を看取ることができたんだよね。

 もう一年たったんだね。
早いな。
メンタルが弱い夫をかなり心配したんだけど、琥珀のおかげで乗り越えた。
今はももくろもいて・・・ありがとね、皐月。

今でもお花とお水は絶やさない。

違う猫

 夏になるといつも琥珀はあたしたちの部屋へ来て寝ていた。
涼しいから(笑)

でも・・・今年は・・・・くっそ暑いのに、結局一度も来ないまま夏は終わった。


不思議なことに居間にももくろがいても琥珀は平気でいる。
たまに鼻チューしたりするくらい。
でも二階に上がると途端に威嚇モードに入る。
居間にいる猫とあたしたちの部屋にいる猫は違う猫だと思っているのかなぁ。
それでもね・・・
 二階へ上がれない。
廊下までなら来れる。
部屋へ入る。
までクリアした琥珀。
少しずつ少しずつももくろと仲良し・・・に・・・なってる・・・はず。

鳴き声

 ももくろの鳴き声は・・・・ちょっと・・・・アレだ。

 ももは甲高く、ちょっと空気砲的な「ぷるるるん」
大好きなくるさん家のネコさんで「ぷるるん」って鳴く子がたまに出てくるけど
本当にいるんだなって実感した。

 くろは甘えたい時=夫の手をちゅぱちゅぱしたい時に
やぎのような「めぇ」的な声。

面白い。

大変!

 一回目のワクチン接種が終わった頃、
その頃には階段も平気で降りて居間で遊ぶなんてこともしていた。

 仕事からの帰宅後、あたしが夕飯の支度をしていると
まさに、マジで断末魔的な感じで、
「ギャーーーーー」という猫の鳴き声。
 その時はとうとう琥珀がももくろに手をあげたか!と思ったのだけど、
声がした玄関に向かうと琥珀がそそくさとやってきた。
喧嘩した風でもない。
じゃ?

なんと玄関にある猫脱走防止のルーバーにくろが足を挟んでしまっていた。
大変!
完全に足おかしい。
ま、元気は元気なんだけど。
足をつけない。
えええ、どうしようとおろおろ。
夜間の動物病院も考えたんだけど、結局様子見。
足はつけないほど痛いのに、その他は平気。
ベッドにも飛び乗った。
折れてたらどうしよう。

 で、翌日いつもの動物病院へ。
レントゲン撮ってもらったら
いわゆるかかとの部分の骨が脱臼してた。
先生曰く「一番やっかいな部分」ということ。
ま、命に別状はないんで、室内猫なら生活するにはなんら問題なし。
成長過程なんで、手術するのも・・・。
様子見!ということで。
暫く足は引きずっていたが
「くろちゃんよ、少しおとなしくしていておくれ」レベルの元気さだった。


結果的には。
自然治癒で元の位置に骨は戻ってた。
先生が「これは治療費というよりお布施って感じですな」と大笑い。


手当て。夫は毎日手当してくれてたそう。
ありがとう。

今はまったく問題なく、走り回ってる。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

皐月 (88)
琥珀 (93)
皐月と琥珀 (52)
ももくろ (5)
もも (5)
くろ (3)
今日の (223)
最近の (19)
さて (18)
ひとこま (102)
余談 (48)
まず (1)
未分類 (0)
兼業主婦 (2)

最新トラックバック

月別アーカイブ

プロフィール

ritsuko

Author:ritsuko
ペットブログランキング

お楽しみ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。